パソコンで作成した文章を家電のFAXへ送るときの注意点

パソコンで作成した書類を、その書類を渡したい人に送る方法として、FAXを利用するというものがあります。もちろんパソコンで作成した書類ですから、そのままパソコンに送ることができるのならば一番良いのですが、人によってはパソコンを上手に使用することができなかったり、ファイル形式で送ってしまいますと、何らかの理由で、紛失してしまう場合もあるので、できれば形のある紙の状態で受信したいと考える方も多いかと思います。そこでオススメなのが、相手のFAXに書類をおくるという方法なのです。しかし、パソコンで作成した書類を相手の家電のFAXに送るときには、次のような点に注意をしなくてはいけません。

それは、ファイルのサイズです。ファイルのサイズの形式を、送信した時に相手に見やすいサイズにしておかないと、FAXで送るときにたくさんのお金がかかってしまう場合があります。また、FAXによっては、受信者が印刷するかどうかを決定できるものもあるのですが、そうではない場合には、相手のFAXからたくさんの紙を使用しないと全てのデータを印刷することができないということになる場合もあるのです。そのため、相手のFAXで受信するときに、受信しやすい形式で最初からファイルを作っていく工夫をするのが大切なのです。受信しやすい形式を一度作ってしまえば、その後またファイルをFAXで送りたいと思った時にも、簡単に作業をすることができるので、良いのではないでしょうか。

新着おすすめ

Copyright (C)2017FAXは私にとって絶対必要な家電です.All rights reserved.